主に二種類

住まいに深刻な被害をもたらすシロアリには種類があって、被害が顕著なシロアリは主に二種類となっています。

ひとつがヤマトシロアリというタイプで、こちらは水がキーポイントになってきます。
ヤマトシロアリは自分で水分を運ぶことができないため、エサとなる木材から水分を摂取する必要がでてくるのです。

そのため、住まいの中でも水周りに特に注意が必要で、水周りを知らないうちにヤマトシロアリにやられていたというようなケースも目立ちます。 このようなことからも、実害がないうちに住まいの水漏れなどは対処していく必要があり、水漏れがシロアリを呼び、それが大きな被害に繋がることもあるのです。

次にイエシロアリもこれまでに多くの被害をもたらしてきたシロアリの一種で、こちらはヤマトシロアリとは違って自分で水を運ぶことができますので、行動範囲が非常に広く厄介です。 その気になれば、家全域に被害をもたらすことができるような行動範囲を持っているので、知らず知らずのうちにシロアリの魔の手が迫っていることもあります。

シロアリの被害は、日本だけではなく、世界中でも被害が発生していますが、その中でもこのイエシロアリはその被害の中心にいる害虫なのです。 また、シロアリが危険を及ぼすのは決して木だけではなく、酷い場合にはコンクリートにまで被害をもたらすことがあります。

消化しないから大丈夫というのではなく、コンクリートにも木と同じように加害するのです。